梱包テープを活用してダンボールの底抜けを防止しよう

梱包テープを活用してダンボールの底抜けを防止しよう

ダンボール箱を組み立てて使用する際、しっかりと底にテープを貼って固定したつもりでも、蓋が開き底抜けしてしまうことがあります。
ダンボールの底抜けは、大切な品物が破損する原因にもなります。

ダンボールの底抜けを防ぐには、使用する梱包テープの種類や貼り方を正しく知ることが大切です。

梱包テープの種類

梱包テープの種類

ダンボールに貼る梱包テープは、種類によって強度が異なります。また、作業効率にも差が生まれますので荷物の重量や用途に合わせて使い分けましょう。

クラフトテープ

ダンボールに貼るテープで最も幅広く使用されているのが「クラフトテープ」です。
紙製のクラフトテープは手で切りやすく扱いやすいため、梱包作業をスムーズに行なえます。
主に、洋服や布類などの軽量物をダンボールに詰めるときはクラフトテープが適しています。

布テープ

「布テープ」はその名のとおり繊維でできており、クラフトテープより強度が高いのが特徴です。
さらに、布テープは手で簡単に切りやすいだけでなく、テープの表面に文字を書きやすいため荷物に注意事項があるときは便利です。 主に壊れやすいものが入った荷物、やや重い荷物を詰めるときは布テープが適しています。

OPPテープ

「OPPテープ」は、ポリプロピレンという樹脂で作られたテープです。布テープよりも強度があり、水濡れにも強いのが特徴です。 強度が高いOPPテープは手では切りにくく、ハサミやカッターを利用します。
また、OPPテープは透明なため、ダンボールに書かれた文字などを隠したくない場合や、伝票や紙の上に貼って水濡れ防止に利用できます。

養生テープ

「養生テープ」は、荷物の搬入出の際に壁や床が傷つかないよう保護するときなどによく使用されます。 剥がすことを前提にした仮止めに使用されるテープで、粘着力が弱く、楽に剥がしやすくて後に残らない特徴があります。
粘着力が弱いため、ダンボールの梱包には向いていませんが、壊れやすいものをプチプチなどの緩衝材で包む際に利用できます。

ダンボール箱を組み立てる際は、これらの梱包テープの特徴をよく知っておくことが底抜けの防止に繋がります。

【ニューパック.comで取り扱っている梱包テープ一覧】

商品名 サイズ・長さ 詳細
クラフトテープ 50mmx50m ニューパック.comで詳細を見る
布テープ 50mmx25m ニューパック.comで詳細を見る
OPPテープ#60 50mmx50m ニューパック.comで詳細を見る
養生テープ(グリーン) 50mmx25m ニューパック.comで詳細を見る

ダンボールの底抜けを防ぐ梱包テープの貼り方

ダンボールの底抜けを防ぐ梱包テープの貼り方

ダンボールの底の蓋を閉じる際、中心部の合わせ目にテープを縦に一本だけ貼る方法は一般的によく見られますが、重いものを入れる際はこれでは不十分です。
強度の強いテープを使うのはもちろんですが、同じテープでもどのようにダンボールの底に貼るかで強度が変わります。

     

十字貼り

テープを縦に一本貼るだけでなく、「十字」になるように横にもテープを貼る方法です。
これだけでもダンボールの強度が上がり、底抜けしにくくなります。

キ貼り

本や食器などの重いものをダンボールに詰めるときは、「十字貼り」よりも強度が上がる「キ貼り」がよいでしょう。 「キ貼り」は、ダンボールの中心部の合わせ目にテープを縦に一本貼ったあと、「キ」の字になるように横にも二本貼る方法です。
洋服や布類などの軽量物には必要ありませんが、それ以上に重いもので「十字貼り」では不安な場合は「キ貼り」がオススメです。

番外:H貼りは危険

ダンボールの中心部の合わせ目にテープを縦に一本貼ったあと、「H」の字のように横の両端にも貼る「H貼り」は避けましょう。
ダンボールの強度が上がらないだけでなく、テープで手が滑って荷物を落としやすくなるため注意が必要になります。

引越しなどで荷物をダンボールに詰める際は、重さに合わせてしっかりと梱包テープを貼り、大切な品物を守りましょう。

ニューパック.comで取り扱っている梱包テープ一覧を見る