緩衝材を活用しよう

緩衝材を活用しよう

ガラス製品や陶器などの壊れやすいものをダンボールに入れて発送する際に、品物を衝撃から守るために欠かせないのが緩衝材です。

緩衝材を品物と一緒にダンボールの中に詰めることによって、運ぶときの衝撃が緩和され、大切なものが壊れたり傷が付いたりするのを防ぎます。

また、フリマアプリやネットオークションの利用も広がり、個人でさまざまな品物を送ることが増え、ダンボールとともに緩衝材を使う機会が急増しつつあります。

緩衝材の種類

緩衝材の種類

ダンボールで品物を発送する際に使用する緩衝材にはさまざまな種類があり、輸送物によって使い分けることでクッション性を高めることができます。

気泡緩衝材(エアーパックプチプチ)

気泡緩衝材(エアーパックプチプチ)は、2枚のポリエチレン製シートが合わさってできており、片面のシートに空気の入った丸く小さい突起で覆っているのが特徴です。

空気が入り優れたクッション性を持つことからエアークッションとも呼ばれ、緩衝材の中でも特に広く使用されています。
また、「エアキャップ」「エアパッキン」「エアマット」「エアーシート」などの名称で呼ばれることもあります。

発泡緩衝材(ハイタッチ)

コーンスターチという天然の原料を使用した発泡緩衝材(ハイタッチ)は、ダンボールに品物を入れたときにできる隙間を効率よく埋めることができます。
また、燃えるゴミとして処分することができ、優れた緩衝性だけでなく環境に優しい資材として幅広く活用されています。

そのほかにも、巻きダンボール、古新聞やスポンジ、お皿などを重ねる際に使用するシートなどの緩衝材があり、品物の種類や用途に合わせて使用します。

【ニューパック.comで取り扱っている緩衝材一覧】

商品名 サイズ・個数 詳細
エアーパックプチプチ 1200mmx42m ニューパック.comで詳細を見る
エアーパックプチプチ 600mmx42m ニューパック.comで詳細を見る
エアーパックプチプチ 1200mmx42m / 5本セット ニューパック.comで詳細を見る
エアーパックプチプチ 1200mmx42m / 10本セット ニューパック.comで詳細を見る
エアーパックプチプチ 1200mmx42m / 20本セット ニューパック.comで詳細を見る
ハイタッチバラ - ニューパック.comで詳細を見る
ハイタッチバラ 5本セット ニューパック.comで詳細を見る
ハイタッチHT200 小袋200個入り ニューパック.comで詳細を見る
ハイタッチHT200 小袋100個入り ニューパック.comで詳細を見る
ハイタッチHT200 小袋200個入り / 5本セット ニューパック.comで詳細を見る
クラフト巻段 5号段 1,200mm x 50m ニューパック.comで詳細を見る

緩衝材の使い方のポイント

緩衝材の使い方のポイント

ダンボールで荷物を発送する際には、気泡緩衝材(エアーパックプチプチ)で包んだ品物を箱に入れて、発泡緩衝材(ハイタッチ)で隙間を埋めるという方法がよく利用されています。

実は、気泡緩衝材(エアーパックプチプチ)は突起がある面と平らな面で表と裏は決まっておらず、品物によって使い分けるとよい効果を発揮します。
一般的に突起がある面を品物に当てて包むことが多いですが、パソコンのキーボードなど品物によっては突起物が引っかかって破損してしまうことがありますので、平らな面が当たるように包みましょう。

そのほかにも、巻きダンボールなどをはじめ緩衝材の種類は多岐に渡りますので、品物に合わせて有効に活用しましょう。

ニューパック.comで取り扱っている緩衝材一覧を見る